頭の中の小さな引き出し

思ったことを書きます。たぶんほとんど更新しません。

ぽんぽこちゃんねる、累計1億再生の偉業

お久しぶりです。

嬉しい事があったのでこの記事を書いています。 (親戚への手紙か?)

本日2021年12月7日、私の推しVtuberである甲賀流忍者ぽんぽこ」さんの「ぽんぽこちゃんねる」の累計再生数が1億回を突破しました!!

f:id:aidnoyatsudayo11:20211207234723j:plain ▲次の元号は"一億"です

素晴らしい!!

前々から再生数が気になって度々チェックしていましたが、ついに大台を突破しました。

累計1000万再生を祝ったことが昨日のように思い出されます。

f:id:aidnoyatsudayo11:20211207195543j:plain ▲記念のスクリーンショット。筆者は頭が悪いので毎回1の位から数えています

1億再生といえば、単純にミリオン動画(100万再生超え)を100本出さなければ到達できない数字です。

10万再生なら、なんと1000本です。

100万再生されれば「バズった」と言われるこのYoutube業界で、これだけ多くの再生数を積み重ねたというのは、まさに努力と忍耐のなせる技と言えます。

Vtuber業界における再生数事情

少し違う観点から考えてみましょう。

今や2万人近く存在すると言われる現在のVtuber業界。

Vtuber」と名乗りはしないものの、顔を出さない"Vtuber的"な活動をしている「潜在的Vtuber」の人を含めれば、その総数はもはや推定不能です。

現在のVtuber業界で登録者を伸ばしているのは、「ホロライブ」や「にじさんじ」などのライブ配信を中心に活動するバーチャルライバーがほとんどで、10分~20分程度の動画を短いスパンで投稿する、いわゆる「動画勢」と言われるスタイルのVtuberは希少な存在となっています。

「生身」で活動する通常のYoutuberは「Pewdiepie」さんや「HIKAKIN」さんのように動画勢が多いため、リアルとバーチャルで対照的な傾向となっています。

「動画勢」と「ライバー」を比較した時、大きな違いとして現れるのが「累計再生数の違い」です。

Vtuberとして登録者が最も多いのはホロライブEN所属の「Gawr Guraさんで約364万人、彼女の累計再生数はおよそ2億1000万回です。

Vtuber登録者数2位のキズナアイさんは約300万人、累計再生数はおよそ4億500万回となっています。

これに対し、リアルYoutuberで彼女たちに近い登録者数帯の累計再生数を見てみると、

  • Eve(歌手)…357万人、約14億回

  • ポッキー(実況者)…313万人、約32億回

  • コムドット(動画勢)…287万人、約15億回

このようになっています。(ここまでの数字はいずれも2021年12月7日現在)

登録者数が近くても、累計再生数にはかなりの違いがあります。

なぜこのような傾向が出るのでしょうか。

これには、前述の「ライバー」と「動画勢」の違いが影響しています。

ライバーは生配信で多くの視聴者を集め、人気配信者の放送には数万人単位のファンが訪れます。

しかし、配信終了後のアーカイブは長時間のものも多いため、何度も再生されることはあまりありません。

シリーズものとして同じゲームを連続でプレイすることもありますが、どうしても内容は似たようなものになりがちです。

つまり、視聴者が動画をリピートする率は低いと言えます。

動画勢は比較的短い動画を短いスパンで投稿するため、視聴者はいつでも好きな時に動画を再生することができます。

毎日投稿を売りにしている投稿者も多く、とにかく沢山の企画動画を出すことで視聴者のニーズに応えています。

短い動画なのでお気に入りのシーンを見返すことも容易で、視聴者のリピート率は上がります。

結果として、ライバーよりも動画勢の方が1動画あたりの再生数が高くなり、累計再生数にも差が出るというわけです。

もちろん、どちらが優れている・努力しているなどということは言いません。

再生数に応じた広告費で主な収入を得る動画勢と、配信内でのスーパーチャットで主な収入を得るライバーでは、努力する部分や採算のとり方も全く違うので、単純に比較するのではなく得意分野の差異として捉えるべきでしょう。

ぽんぽこさんの1億再生はどれくらい凄いのか

Vtuber業界におけるぽんぽこさんの現在位置はどのようなものなのか、ユーザーローカルさんが運営する「Vtuberランキング」というサイトで確認してみました。

ぽんぽこさんの現在の登録者数は24万人で、199位となっています。

登録者50万人を超えるようなVtuberも増えてきた中で、ちょうど中堅くらいの位置と言えるかもしれません。

しかし、再生数でランキングを見てみると、なんと54位まで上昇するのです。

このランキングには公式アカウントや転生組(途中からVtuberを名乗るようになった人)も含まれているので、純粋なランキングではさらに順位が上がります。

ぽんぽこさんは動画をメインに活動する「リアルYoutuber」寄りのスタイルを確立しているので、チャンネル登録者に比べて再生数が多いということがわかります。

企業や事務所などの支援を受けずに個人でチャンネルを運営する、いわゆる「個人勢」の括りで見てみると、渋谷ハルさん・犬山たまきさん・懲役太郎さんに次いで4人目の1億再生達成者となります。

"鉄人"ぽんぽこ

f:id:aidnoyatsudayo11:20211207230058j:plain

ぽんぽこさんは個人勢でありながら相棒のピーナッツくんをゲストとして一時は毎日投稿をずっと続けていました。

現在も2日に1本以上のペースで動画を投稿しています。

元々ぽんぽこさんのチャンネルは生配信を強みとしており、一大企画である「ぽんぽこ24」もその延長として誕生したものでした。

しかし2019年1月、ぽこピーは動画勢への転身を決めます。

これには当初様々な反響がありました。

歓迎する声もあれば、Vtuberは生配信が人気なのに大丈夫なのかな」という不安の声もありました。

2人も当然不安は多かったと思います。

それでも、事務所の後ろ盾もなく、さらにコロナ禍でコラボやロケなども難しいという逆風が吹いても、ぽんぽこさんとピーナッツくんは動画勢としての活動を止めることはありませんでした。

むしろ最近は人気をさらに加速させています。

Youtube分析サイトのSocialbladeによると、現在は1日に400~500人のペースで登録者が増加しており、月間再生数も過去最高レベルの水準を記録しています。

https://socialblade.com/youtube/channel/UC1EB8moGYdkoZQfWHjh7Ivw

f:id:aidnoyatsudayo11:20211207205030j:plain ▲最近好調なぽんぽこちゃんねる

ぽこピーの動画勢としてのこれまでの地道な積み重ねがようやく開花し始めたと言えるでしょう。

1億再生という数字は単なるデータや記録ではなく、2人の努力とファンの思い出が詰まったものです。

以前、ピーナッツくんは相方のぽんぽこさんのことを「鉄人」と表現したことがありました。

企画準備や動画編集をするぽんぽこさんの、常人ならざるエネルギーが伝わってくる言葉です。

「鉄人」であるぽんぽこさんなら、1億再生にとどまらず、2億、3億、そしてさらにその先の世界を見せてくれるでしょう。

これからどんなぽこピーを見れるのか、私もワクワクが止まりません。

▲追記:記念動画が投稿されました